2017年4月28日金曜日

「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」関連 講演会開催

TOTOギャラリー・間で開催中の展覧会「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」関連の講演会が、4/19、千代田区にある有楽町朝日ホールにて開催された。(展覧会レポートはこちら
講演のテーマは「作品づくりと社会貢献の両立」。前半は、氏がこれまでに携わってきた作品の解説、後半は阪神淡路大震災以降、国内外を問わず行なってきた災害支援についての話をした。氏の軽快な語り口に、会場にはたびたび聴講者の笑い声が響き、質疑応答でも多くのやり取りが行なわれた。著書『坂 茂の建築――材料・構造・空間へ』のサイン本の販売も行なわれ、講演会の前後には多くの人が列に並んだ。



展覧会は7/16まで。

2017年4月25日火曜日

TOTOギャラリー・間「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」

TOTOギャラリー・間では4月19日(水)より開催されている「坂 茂:プロジェクツ・イン・プログレス」のプレス内覧会が開かれた。

同ギャラリーでは1999年に一度坂茂氏の個展を行っており、今回は18年ぶり2回目の個展となるという。

本展は「展覧会でしか見れない表現」にしたいという坂氏。雑誌等で未発表の最新の作品を選んで展示した。
これまで安価で施工性に優れた「紙管」を使い、紙の建築の可能性を切り開いてきた坂氏だが、今回の展示会では「木」という素材の特徴や可能性に注目し挑戦した様々な大規模プロジェクトや、熊本の仮設住宅・ネパール復興プロジェクトなど、氏が尽力する人道支援活動にもフォーカスした内容となっている。

また本展が初のお披露目となった複数のプロジェクトも、模型や実寸大のモックアップを使うことで臨場感溢れる展示がなされている。


 会場3階には4月22日にオープンとなったパリの「ラ・セーヌ・ミュジカル」の模型が中央に鎮座し、本展の目玉となっている。

こちらは約1,200人収容のクラシック音楽専用のホールを中心とした複合音楽施設で、氏のこれまでのキャリアの中でも最大規模となるとのこと。

内部を説明する坂茂氏

PFI方式の国際コンペとして募集され、フランスの西の玄関口としてシドニーのオペラハウスのようなモニュメンタルなものをとの要求に対し「形で遊んでモニュメンタルなものをつくるのは得意ではないので、提案条件の中にある3000㎡のソーラーパネルを屋根の上に隠さず、船の「帆」状にし太陽の動きに連動することで、時間・季節ごとに違った姿を見せ一つのモニュメンタルを表現した」という。




さらに会場にはコンペで実際に提出したコンセプト映像・完成イメージ映像・竣工写真や、ホール内装のモックアップが展示されている

ホール内で使われている紙管を使った椅子

イタリア製の玉虫色の特注モザイクタイル。見る角度によって色が変化する。

周辺のグリーンベルトに合わせた緑色のソーラーパネル。


ホール内装に使われたべニア合板と紙管を組み合わせた天井。
曲げ方・径を変えることで音響機能を調整した。


中庭に出ると、熊本地震の仮設住宅、ネパールの復興プロジェクト、竹田市クアハウスの屋根のモックアップが展示されている。

熊本木造仮設住宅のモックアップ。
住戸間に収納スペースを付けることで防音がなされている。


ネパール震災後の復興住宅・学校に使われている壁ユニットのモックアップ。
地震によるレンガの瓦礫を木造フレーム構造のドア枠に埋めて再利用。

 大分県竹田市の温泉利用型健康増進施設(クアハウス)のレシプロカル構造の屋根のモックアップ。
本展時では、滋賀県立大学と慶応大学SFCの学生が共同で施工した。


 4階へ上がると、今夏竣工予定の富士山世界遺産センターやスイスの某時計会社本社、慶応大学SFC教育研究開発棟など、模型と実寸大モックアップから1/10サイズのモックアップが展示され、氏の現場そのものが展示され、雑誌や本などの印刷媒体では伝わらない情報を得ることが出来る。


4階展示スペース

富士山世界遺産センター 木格子のモックアップ 1/1

慶応大学SFC教育研究発表棟 構造フレーム(PHPパネル)モックアップ 1/10

建築関係者だけに理解できる図面ではなく、一般の方でも理解していただけるような形の展示となっている。

展示は7月16日(日)まで

2017年4月7日金曜日

“コモンガーデン付き”賃貸住宅「ル・シュバル」リノベーション竣工内覧会

これまで数多くの物件のリノベーションを手掛けてきた株式会社ブルースタジオは、同社の企画・設計監理による東京都東久留米市の賃貸集合住宅「ル・シュバル」のリノベーション工事の竣工にあたり現地内覧会が開催した。

「ル・シュバル」全景

建物は1990年竣工の鉄骨造地上3階建ての賃貸共同住宅で、これから子育てを考えている夫婦層向けの住宅となっている。各フロア毎に同じ間取りで改修が施され、12戸中5戸のリノベーション工事が竣工している。

(株)ブルースタジオ 大島芳彦氏

3階の住戸は、フラットだった天井を撤去することにより、天井高が最高部で3,100mmまで高くなり、ペントハウスのように開放的な室内空間を実現している。




2階の住戸では、インナーバルコニーを設けることにより今まで洗濯物を干す程度でしか使えなかったバルコニーが、お茶をしたりブランチを楽しんだりと「だんらん」の場になった。



2階住戸のインナーバルコニー
デッキ部は約6㎡あり、ビニールプールがおける広さを確保


また1階住戸には今後専用庭を作り、それぞれのフロアだから出来る空間に設計されている。

今回の改修工事に合わせ、「ル・シュバル」のオーナーが所有する隣接地を、地域住民が自由に利用することができる「コモンガーデン(私設公園)」として街にひらき、「家族とだんらん、地域とだんらん」のコンセプトのもと、地域で育てていく。地域愛を深めるような地域住人間の交流を促進することで、エリア価値を向上させ、人々に選ばれるまちづくりとしての役割を担うという。


 「コモンガーデン」全景




この「コモンガーデン」には、近隣住民も使える菜園や子供たちが自由に地面に落書きのできるらくがき広場、地域の人々がワークショップで作り上げた小屋は「まちライブラリー」の仕組みが取り入れられ、読み終えた書籍を持ち寄り、地域で共有することで本をきっかけとした新たな交流も生まれることが期待される。


 地域のワークショップで作られた小屋
「まちライブラリー」として利用される本棚


「ル・シュバル」は現在入居者を募集中
詳細はhttp://www.bluestudio.jp/rentsale/rs003500.html

2017年4月3日月曜日

銀座ソニービル、大規模リニューアル工事へ。半世紀の歴史に幕。

331日、半世紀に渡って愛されてきたソニービルが大規模リニューアル工事のため一時閉館、営業を終了した。

1966年に数寄屋橋交差点にオープンしたソニービルは、建築家の芦原義信氏による「花びら構造」と呼ばれるらせん状設計や、日本一早いエレベーターの採用、歩くと音が鳴るドレミ階段など、ユニークなコンセプトの複合ショールームとしてスタート。戦後の象徴、そして銀座のランドマークとして多くの人々に愛されてきた。

この日はソニービル脇のソニー通りを封鎖して特設ステージが出現。平井一夫社長が駆けつけ、東京スカパラダイスオーケストラとともに演奏するフィナーレイベントが開催された。
解体後は、「街に対して開かれた施設」というコンセプトのもと、2018年夏に「銀座ソニーパーク」としてリニューアル。「お世話になった銀座の街の人々、そして世界の人々に銀座のオープンスペースを提供したい」と平井社長。フラットな空間として2020年秋まで営業した後、再びビルの建設を開始し、2022年秋には新たなソニービルとして営業を再開する。「オープン当時はエレクトロニクス事業が主だったが、今は音楽などのエンターテインメントもある。新しいビルでは多様なソニーの楽しさを提供したい」と意気込みを語った。
 ▲平井社長(中央)とこの日MCを務めたジョン・カビラさん(社長左)、
フィナーレを盛り上げた東京スカパラダイスオーケストラのメンバー





■銀座ソニーパークプロジェクト

2017年3月31日金曜日

タイムアンドスタイル「NEW PRODUCT EXHIBITION TIME & STYLE MIDTOWN 10周年記念」

2017年3月30日で、開業10年の節目を迎えたタイムアンドスタイルミッドタウン(六本木店)の「NEW PRODUCT EXHIBITION TIME & STYLE MIDTOWN 10周年記念」レセプションパーティーへ。
同社は全国各地の多岐にわたる伝統工芸の技術を活かしながら、日本でしか製作できない美しいプロダクトを目指している。開業10年の節目に際し、数年の時間をかけて進めてきた新製品を発表。ソファ・テーブル・チェア・キャビネットに至るすべてのランナップを見直し、店内の約7割が新製品。あわせて新カタログも発刊。
「The silent pacific sofa」
座面を薄くシャープに保ちながらも適度な反発力と復元力のある快適な座り心地を実現させたソファ。緩やかに伸び、床をしっかりとホールドする脚は真鍮の地色である黄金色以外に黒染めタイプを用意。
「The bird chair」
鳥が羽を伸ばし、飛び立つ瞬間をイメージしたチェア。片持ちの背板を後方に飛び出したアームから立ち上がったフレームで支持する、独自の意匠性で新鮮な存在感を持つ。アームから背板までを1本の曲木で繋ぎ、緩やかな全体感の中にもスクエアな立方体(キューブ)の基本形を踏襲した1脚。
4/23までは店舗内にて「水野克俊 うつわ展」も開催中。
また先週3/23にはオランダ・アムステルダムにも店舗・ショールームを開設。新店舗は1888年に建造され一昨年までの約130年の間、アムステルダム市の警察署として市民に親しまれてきた建物をリニューアルしたもので、その様子も会場内にて投影されていた。

2017年3月29日水曜日

YKK APより新インテリアドアシリーズ「famitto」発売

3月27日、YKK AP株式会社は、好きな壁紙を貼って自由にデザインできる新インテリアドアシリーズ「famitto(ファミット)」を発表した。
「famitto」は安心して壁紙貼りができるインテリアドア商品。扉に壁紙を貼るという新発想で、自由なインテリアコーディネートが可能に。
扉や引戸を空間のアクセントにしたり、逆に壁になじませたりと、雰囲気の異なるオリジナルの空間を作ることができる。さらに、ドアの表と裏で別々の壁紙を貼れるので、部屋の内側と廊下側、それぞれの空間に合わせたコーディネートが可能だ。

一般的な木製室内ドアに壁紙を貼ると、壁紙を貼る際に使う水糊の影響で反りが発生し、スムースな開閉が難しくなったり、枠と扉の間に隙間が生じてしまうなど品質面の課題が。そこで、YKK APはアルミ室内建具(襖)で培った技術を生かし、壁紙を貼って”デザインを楽しむことのできるインテリアドア「famitto」”を開発。従来に無い、新しいインテリアコーディネートや空間演出を可能にした。

その秘密は、アルミフレームと高い耐反り性能を備えたグルーサンドハニカムパネル。この2つを組み合わせることで、反りの原因となる水分を吸いにくい構造を実現。水分を防止するための表面パネル(グルーサンド)の中には、お菓子の包装でも使用されているアルミ膜を設けている。
▲ドア断面図のイメージ画像

開発時の実験では、一般的な木製建具の反り量が11.9mmであったのに対し、famittoは反り量わずか0.5mmと木製建具と比べて約1/20だったそう。

また、軽さと強度をあわせ持つアルミ素材の特長を活かすことで、スリムな枠幅”2.5mm”を実現。スリムな枠は壁と一体化したように仕上がり、壁紙の印象をより一層引き立てる。さらに、ドアは最大高さ2,500mm、引戸は最大H2,732mmまで対応可能。床から天井まで開口いっぱいにドアを取付ることもできる。

参考価格は、室内ドア 片開きドア、アルミ三方枠・ハンドル込み、
代表サイズ幅(W)785mm×高さ(H)2,033mmで60,000円(別途、壁紙代が必要)

壁紙の貼り替えもでき、模様替えするようにドアのデザインを変えることができるので、賃貸集合住宅での壁紙変更や、DIYでの貼り替えにも対応可能だ。

なお、「famitto」発売に合わせて、壁紙最大手の株式会社サンゲツとの共同プロモーションを実施。「famitto」専用カタログでは、サンゲツのデザイン壁紙と「famitto」をコーディネートしたイメージ写真を多数掲載する他、両社のショールームやホームページなどでPRを展開していく。
 
▲新商品発表会のようす

「famitto」は4月3日より発売。多数の壁紙から好きな柄を選んでオリジナルコーディネートを楽しもう。




■famitto
http://www.ykkap.co.jp/products/interior/famitto/

2017年3月23日木曜日

プリズミックギャラリー「ととのえる展」

南青山にあるプリズミックギャラリーにて「ととのえる展」が開催中。普段は別々に活動をしている同年代の5組の建築家によるグループ展で、それぞれの視点で建築の「ととのえ方」やその先にあるものを展示。
また今回の共同作品として会場にくつろぎのスペースを設えた。空間構成や配置はもちろんのこと、マットやクッションは硬さや生地なども決め、この展示会のためにつくられた。 15冊の「ととのえる」本を手にとり、リラックスしながら閲覧できる。 建築関係の方だけでなく、一般の人にも見ていただきたいとのこと。
出展者(敬称略)
原田 将史+谷ロ 真依子(Niji Architects
村梶 招子+村梶 直人(ハルナツアーキ
鈴木 宏亮+山村 尚子(す ず き
荒木 成文(アラキアーキ
渡辺 美帆(saji建築設計室
展示された模型も自由に手に取って見ることが出来る。
3/17に開催されたオープニングパーティーには、メンバーの何名かが所属していたということもあり、手塚建築研究所の手塚貴晴氏と手塚由比氏もかけつけた。
会期は4/29(土)まで。 土日祝はメンバーが持ち回りで在廊している。