2013年3月30日土曜日

「ス・ドホ展」カタログ出来

金沢から、金沢21世紀美術館ミュージアムショップで予約した「ス・ドホ|パーフェクトホーム DO HO SUH PERFECT HOME」展のカタログが届く。
表1
中面
表4
会場撮影:ホンマタカシ

2013年3月29日金曜日

《オーク表参道》オープン間もなく

故丹下健三氏が設計した旧ハナエモリビル跡地で最後の追い込み中の新複合施設《オーク表参道》の原宿駅側コーナー見上げ。1Fには「エンポリオ アルマーニ 青山」と「コーチ表参道」が入る。
ビル全体の設計・デザインは大林組丹下都市建築設計(大林組2012.11.142013.2.18 公示ニュースリリース参照)だが、この「コーチ表参道」の店舗デザインはOMA New York(代表/重松象平氏)が担当。特徴的なファサードは「半透明のガラスキューブをヘリンボーン状に組み合わせた」もので、店舗内側から商品を置いてディスプレーにも使用できるらしい(《オーク表参道》公式サイトおよびコーチ ジャパンのFB参照)。

遡ること3/8頃のビルの工事の様子は、表参道&青山インフォメーションブログ:今日の「オーク表参道」 3/8で確認できる。 杉本博司氏が内装を手掛ける「茶洒 金田中」も気になる。4/4(木)のオープンが待たれる。

2013年3月26日火曜日

京橋3丁目「東京スクエアガーデン」4/18開業

《京橋三丁目ビルディング》《片倉工業本社ビル》《東京大栄ビル(旧蛇の目ミシンビル)》の解体から数えれば、早や3年半ほどになるか。跡地再開発「京橋3-1プロジェクト」の仮称改め「東京スクエアガーデン」では、中央通りほか街路や、低層部の緑地帯「京橋の丘」に植栽した桜などが開花して、4/18(木)の開業を待つばかり。都市計画・基本設計・設計監修:日建設計・日本設計共同企業体、実施設計・監理と施工:清水・大成(仮称)京橋 3-1 プロジェクト設計監理共同企業体。
地上24階+地下4階。路面の1階にアウトドア専門店「モンベル」のフラッグシップストアが入るほか、コンベンションホール、バイリンガル対応可の子育て支援施設もオープン。出店ラインナップは、事業主のニュースリリース(2013.2/14)を参照のこと。

2013年3月25日月曜日

「東京クリテリウム・プロジェクト」トークイベントを聴講

新宿NSビル内のダイキンソリューションプラザ「フーハ東京」会議室で開催された東京クリテリウム・プロジェクト関連トークイベント「東京クリテリウム宣言 自転車から見えてくる西新宿超高層ビル街の魅力と可能性」を聴講。
画面右から、イベント最後のフォーラムのモデレーターを務めた千葉学氏、倉田直道氏(工学院大学教授)、伊藤弘氏(グル―ヴィジョンズ代表)、松本哲弥氏(建築家)。

千葉氏は昨秋開催された、駐輪スペースを考えるアイデアコンペ「Bicycle Street Design Compettition Aoyama(BDA) 魅せる駐輪が街を変える」の審査委員長も務めている。自転車×建築という取り合わせ、斬新で興味深い。

2013年3月24日日曜日

アートギャラリー「新井淳一の布 伝統と創生」本日最終日

東京オペラシティ・アートギャラリーでの企画展「新井淳一の布 伝統と創生」はいよいよ今日が最終日、開館11:00〜19:00(入場は18:30まで)。会場構成はDORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS(ドレル・ゴットメ・田根/アーキテクツ)の田根剛氏、図録と会場グラフィック制作は秋山伸氏。
 Gallery1で先ず目に飛び込んでくる作品「氷晶」(1991)の素材はポリエステルとアルミニウム(スリットヤーン)、真空蒸気セットなる技法で生み出されている。「布」の概念が吹っ飛ぶ、ほとんど化学の世界。解説ビデオで映る群馬県繊維工業試験場での工程はロングバージョンでもっと見たかった。ミュージアムショップ[gallery5]では作家の布(ストールなど)や貴重なヴィンテージも限定販売(売切御免)。

参考リンク:
デザイン誌『AXIS』公式サイト「jiku」2013.1/22記事
淵上正幸の日々建築漬け 2013.1/18」

2013年3月23日土曜日

[G-tokyo 2013]東京ミッドタウン・ホールにて開催中

国内のトップギャラリーによる現代アートフェア「G-Tokyo 2013」がスタートした。注目の気鋭作家の最新作から、国内外の名だたる美術館で個展を開く人気作家の大作までが一堂に並ぶ。今年は東京ミッドタウン・ホールに会場を移し、18のギャラリーが出展。会期は3/24(土)、25(日)の2日間。ディレクター:フェリエ肇子。

入場はタワー側ではなく、駅改札に近い入口から。先ずホールBにA〜Gの7つのギャラリーが出展。
A|ミヅマアートギャラリー|池田学
奥:B|TARO NASU|マシュー・ダービシャー個展

壁パネルがあるギャラリーは壁に名が明記されているが、画像のような直立した「道標」のような腰高の立方体がフロアに点在している。押したら倒れそうな感じなのだが、来場者はちゃんと避けて通っている。
会場構成は原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO(マウントフジアーキテクツスタジオ)、協力:芝浦工業大学原田真宏研究室。
C|ヒロミヨシイ六本木|大塚聡

協賛企業の「展示」もまたオシャレ。


E|SCY THE BATHHOUSE|TRANS 名和晃平
名和氏が新作を発表。

前回までの会場構成とは異なり、18のギャラリーはホールAとBの2つに分かれている。ホールの端から端を横断し、ホールのフロア中央でクロスする2つの大判パネルが、大空間を緩やかに仕切る。上の画像で説明すると、上方のパネルが左(E|SCY THE BATHHOUSE)と右(D|タカ・イシイギャラリー)にギャラリーを仕切り、目線を遮っているパネルの向こうに前述A、B、Cの3つのギャラリーが位置する。なお、パネルの端はホール壁面と接していない。
D|タカイシイギャラリーの作品は足下に。ルーク・ファウラーの作品。4つのモニターにそれぞれヘッドホン付き。腰を下ろして作品を鑑賞する。

F|イムラアートギャラリー|橋爪彩:lost virginity

照明はギャラリーおよび作品メインにあてられ、目線が上方にいかないよう工夫されている。
G|カイカイキキ ヒダリジンガロ|左 甚蛾郎展
大谷工作室、尾形アツシ、小野哲平、小嶋亜創、村田森

協賛企業が出展しているFoyer b を挟んで、奥のホールAへ。H〜Rの11のギャラリーが出展。
手前:J|ギャラリーSIDE2|占部史人 個展
「小屋」も占部氏の作品で、廃材や流木を用いて作られているとのこと。
作家の占部氏は、アラブ首長国連邦で現在開催中の「シャルジャ・ビエンナーレ11」にグループ出展、このほどSharjah Biennial Prizeを受賞した作家のひとり(GALLERY SIDE2 facebookより)。参考リンク:「TOKYO ART BEAT NEWS 2012.12/8」

I|ケンジタキギャラリー|塩田千春
左:K|オオタファインアーツ|草間彌生
右:L|MISA SHIN GALLERY|アイ・ウェイウェイ、パク・スンウ、伊庭靖子、小沢剛
手前:M|タケニナガワ|Danh Vo
ダン・フォー氏は作年のヒューゴ・ボス賞(主催:ソロモン・R・グッゲンハイム財団)を受賞したベトナム生まれのアーティスト。参考リンク:「ART iT ニュース2012.11/2)
左:L|MISA SHIN GALLERYの伊庭靖子作品。

手前:P|MORI YU GALLERY|Elan vital
黒田アキ、藤原康博、五十嵐英之、前田吉郎、黒川彰宣、ヴァレリオ・ベッルーティ
右奥:R|ユミコチバアソシエイツ|The Face In Between
廣野隆大、冨井大裕、東恩納裕一
O|小山登美夫ギャラリー|In Between
青木良太、伊藤正、桑田卓郎、小出ナオキ、菅野志雄、津田久美恵、山本桂輔
N|児玉画廊|ignore your perspective
貴志真生郎、中川トラヲ、田中秀和、和田真由子

ホールBの最深部から、フロア中央見返り。
右:Q|ギャラリー小柳|interior/pare/exterior
田嶋浩一
手前:R|ユミコチバアソシエイツ|The Face In Between
左奥:P|MORI YU GALLERY|Elan vital

会期中はホアイエaにて4つのトークセッションが開催される。会場構成を務めた原田真宏氏と麻魚氏は、最終日3/24(日)16時よりプログラムD:「建築家は良いアート空間をつくれるのか?」にG-tokyoディレクター/フェリエ肇子氏と共に登壇。聴講は公式サイト>イベントページより要事前予約。アーティストの来日情報などは[G-tokyo]公式facebookでも速報される。
会期:2013.3/23(土) 11-24時、3/24(日) 11-19時、料金:一般1200円、学生(高・大)1000円。

六本木界隈では「六本木アートナイト2013」も両日開催。

2013年3月22日金曜日

ミラノサローネ2013 出展情報

Panasonic×平田晃久 「Energetic Energies」
KARIMOKU NEW STANDARD
MARUNI COLLECTION 2013
レクサス
Tokujin Yoshioka - LEMA MIRAGE
DESALTO 「Element」  (2013年3月29日更新)
ColoRing / Schemata Architects (2013年4月1日更新)
MAGIS (2013年4月1日更新)
Infuse / kaneka (2013年4月2日更新)
石巻工房 / Fare qualcosa di nuovo"(Making something new) (2013年4月9日更新)
Kartell "SPARKLE" (2013年4月9日更新)
BELVEDERE (2013年4月9日更新)
Aroma Cupsule / NOSIGNER (2013年4月12日更新)

(※随時更新予定)



Panasonic×平田晃久 「Energetic Energies」



太陽光パネルによる「創エネ」、蓄電池による「蓄エネ」、LED照明による「省エネ」、またそれらをコントロールするエネルギーマネジメントを、新たな形で都市に展開したエネルギーの情景として提案する。インスタレーション展示の構成を手掛けるのは、昨年に引き続き、建築家の平田晃久氏。







日時 : 2013年4月9日(火)~14日(日) 9:00~24:00
会場 : ミラノ大学内 ポルティコ・リキー二 (via Festa del Perdono, 7 - Milano)
会場構成 : 平田晃久氏(平田晃久建築設計事務所)
出展予定製品 : 太陽光パネル、蓄電池、LED電球、LED照明器具ほか
ミラノサローネ特設サイト


KARIMOKU NEW STANDARD

今年で4度目の出展となるKARIMOKU NEW STANDARDは、ミラノ市内の3つの会場で、エキシビジョンやコラボレーションプロジェクトを行う。

[会場①]  A NEW STANDARD IN JAPANESE FURNITURE MAKING

 
2009 年のスタート以来、国内外で活躍する気鋭のデザイナーとのコラボレーションにより、さまざまなプロダクトを生みだしてきたカリモクニュースタンダード。4 度目の出展となる今年は、これまでに発表した全コレクションを一堂に集め展示する。

会場:Spazio Rossana Orlandi  Via Matteo Bandello 14/16 20123 Milano
日時:2013 年4 月9 日~14 日  9:00 ~ 20:00

[会場②] KITCHEN LIBRARY

「食」を切り口に、新しいデザインコンセプトを見出すイタリア人女性デザイングループ、アラベスキ・ディ・ラッテと、昨年に続き2 度目のコラボレーション。
カリモクニュー スタンダードの家具をベースに、マイアミのインディペンデント出版社、Fortino Editions がセレクトした本が並ぶくつろぎのキッチンライブラリー。

会場:Arabeschi di Latte Studio Via Ventura 3 20100 Milano 1st floor
日時:2013 年4 月9 日~13 日(日曜日 休) 12:00~20:00

[会場③] EVERYDAY OBJECTS

スイスを拠点に活躍するデザインユニット、BIG-GAME による個展。
カリモク ニュー スタンダードのほか、イタリアのキッチンウェアブランド、アレッシィやデンマークのHAY など、世界各国のレーベルで手がけている彼らの最新作を見ることができるエキシビション。
カリモク ニュースタンダードで彼らが手がけたCASTOR シリーズへの新しい提案として、CASTOR TABLEのプロトタイプを発表する。

会場:Galleria 70 Corso Di Porta Nuova 36/38 20121 Milano
日時:2013 年4 月9 日~ 14 日  10:30~20:30



MARUNI COLLECTION 2013


今年の5月で85周年を迎えるマルニ木工。フィエラ本会場では初めての単独出展となる。



日時:2013年4月9日(火)~ 4月14日(日)
会場:ロー フィエラ本会場 HALL 10 STAND C12













Photo: Yoneo Kawabe



【レクサス】

世界的に著名なアーティストと提携でデザイン展を開催。
スーパーバイザーに伊東豊雄氏、空間デザイナーに建築家の平田晃久氏。

会場:デッラマネンテ博物館
日時:2013年4月10日~2013年4月14日
レクサスFaceBook (2013/2/9掲載)

【Tokujin Yoshioka - LEMA MIRAGE】

イタリア家具メーカーのLEMAとのコラボレーション「MIRAGE」を発表。
























日時:  2013年4月9日~4月14日 
会場:  Milan Fairgrounds, Rho



【DESALTO 「Element」】


メタル技術を得意とするDesalto社より吉岡徳仁氏の新作「Element」を発表。

自然の結晶構造にインスピレーションを受け、自然の持つランダムな調和と美しさを取り入れた家具コレクション。































日時:  2013年4月9日~4月14日 
会場:  Milan Fairgrounds, Rho



【ColoRing / Schemata Architects】



 新作の家具シリーズ『ColoRing』。
日本の伝統的な木工技法"ウヅクリ"によって生まれた凹凸の木の表面に、3色の塗料を地層のように塗り重ね、さらに凹凸を作った後、その凹凸を研磨する。研ぎ磨かれてフラットになった面には、3色で構成された年輪の模様が浮かび上がる。


















会場:ロッサーナ・オルランディ  Via Matteo Bandello 14/16,20123 Milano
日時:2013年4月9日-4月14日 9:00-20:00
URL:http://schemata.jp/coloring/



【MAGIS】


ブース面積を昨年の400㎡から500㎡へ拡大、デザインをコンスタンティン・グルチッチが手がける。
さらにグルチッチはMAGISで初となるソファのコレクションを発表予定。

会場:ローフィエラ ミラノ ホール20 STAND C15-D12
日時:2013年4月9日-4月14日 9:30~18:30
URL:http://www.magisjapan.com/news/detail/95



【Infuse / kaneka】


有機EL(OLED)を使ったインスタレーション
Space Designer : 大野力/sinato   Lighting Designer : 岡安泉/岡安泉照明設計事務所
Textile Designer : 安東陽子/安東陽子デザイン




















会期:2013年4月9日-4月14日 10:00~23:00(最終日のみ18:30まで)

会場:SUPERSTUDIO PIU Via Tortona 27, Milano 20144
         http://www.superstudiogroup.com/e/conta/contacts.html


【石巻工房 ”Fare qualcosa di nuovo"(Making something new)】


東日本大震災からの自立復興と復興後長期に渡り存続できる「地域のものづくりのための場」として結成された石巻工房。ミラノサローネにて”Fare qualcosa di nuovo"(Making something new)と題する展示を開催。









会期:2013年4月9日(火)~4月14日(日)
         11:00~18:00

日時:Fabbrica del Vapore



4月13日には、芦沢啓治氏・藤森泰司氏・ドリルデザイン・SPREAD・石巻工房長(SKIPE)によるトークイベントを行う。


【Kartell "SPARKLE"】

イタリアのKartellより吉岡徳仁氏の新作「SPARKLE」シリーズを発表。

























 「SPARKLE」は、プリズム効果によって光が屈折し、まるでクリスタルガラスのような輝きを放つ、ツイストされたフォルムが特徴的なスツールとサイドテーブルのコレクション。











日時:  2013年4月9日~4月14日 
会場:  Milan Fairgrounds, Rho、Kartell (Hall20 - Stand A15/B14)

【BELVEDERE】

ベネトン社のリサーチセンターFABRICAが、イタリア各地に遺産を所有するFAI(Fondo Ambiente Italiano)を迎え、10作品のコレクションを発表する。


















FABRICAに所属する若手デザイナー10人がFAIの10カ所の別荘、庭園、城跡などを訪れ、現地で得たインスピレーションを基に、その遺産を象徴するオブジェを制作。




世界各地から集まった若手デザイナーの視点と、イタリアの歴史的遺産が持つ独特な物語のコラボレーションがユニークなコレクションを生み出す。製作に至るまでのプロセスも併せて展示する。





日時:2013年4月10日(水)~5月5日(日) 10:00~18:00    月・火曜休日
会場:Villa Necchi Campiglio Via Mozart 14、20122 Milano, Italy   >>(MAP)

【Aroma Cupsule / NOSIGNER】


 ミラノサローネ期間中に開催される、Wallpaper* handmadeにNOSIGNERが参加。
手工芸と現代のデザインの可能性を追求する展示会。

LELABO、山中漆器の我戸幹男商店とのコラボレーションで生まれた、旅行用の木製アロマディフューザーを出展する。











日時: 2013年4月9日(火)~2013年4月13日(土) 10:00~19:00
会場: Leclettico, Via, San, Gregorio 39, Milan

過去関連記事

ミラノサローネ2012 出展情報

ミラノサローネ2011 出展情報